資産を増やすために株式運用を始める男性

皆さんは株式運用に興味、もしくは株式運用を始めてみたい、と考えた事はありますか。今の資産を増やしたいと思うなら非常におすすめです。私達が毎月支払っている年金すら、運用形式となりました。将来に不安を残さないためにも、株式運用の説明を致します。

外国と国内の株式運用の比較

 近年のアベノミクスによって株式投資に興味を持った人は少なくないでしょう。そんな人たちの多くが日本の会社の株式を購入することになります。しかし、海外に目を向けると日本国内よりも圧倒的な銘柄数があります。そのため、国内銘柄の特徴と外国銘柄の特徴を理解した上で、自分の投資スタイルにあった銘柄を選ぶ必要があります。
 まず、国内の株の特徴として、当たり前のことですが円建てで運用することができます。つまり、為替が変動しようが為替差益や為替差損が発生するリスクはありません。そのため、純粋に株価の変動にのみ損得を考えることができるのです。ただし、日本を代表する大手企業は自動車等の海外輸出で利益を得ているものが多く、円安相場の場合には日経平均が上昇し、円高相場の場合には日経平均が下落する傾向にあります。そのため、株価の変動と為替は全くの無関係ではないのが日本の各種銘柄の特徴であると言えます。
 国内の銘柄に対し、外国の株式を運用する上での特徴として、世界各国で事業を行っている会社が多いというのが挙げられます。つまり、日本の企業よりもより大規模な会社が多く、時価総額が日本の企業とは桁違いな企業が少なくありません。そのため、より大きな企業に投資をしたい人には外国株式投資は魅力的でしょう。また、アメリカの企業であれば、何十年にもわたって配当金の額を毎年増加させている企業が数多くあります。そのため、長期保有をする場合、年々投資元本に対する配当利回りが上昇する可能性があります。また、外国の企業の場合、ROEという指標を重視していることが多い点も日本の銘柄との違いです。つまり、資本を効率的に運用しようとしている企業が多いのです。この他、日本株投資と異なり、外貨建ての運用となるため、為替の変動によって得をすることもあれば損をしてしまうこともある点が特徴です。